素材

ボディタオルは素材によって硬さや汚れの取れ方が違います。自分に合ったボディタオルを探してみてください。

 

1.ポリエステル

繊維が硬く、ゴワゴワした質感が出ます。多くの垢や油分を洗い流し、洗い上がりがとてもサッパリとするのが特徴です。肌への刺激が強く、マッサージ効果が期待できます。肌を強く摩擦し、洗った感じが強く出ます。今までの垢すりでは物足りないのであれば選んでみてください。

硬派な男性におすすめです。

 

2.レーヨン

水に濡らすと縮まり、凹凸が出てきます。レーヨンでできているボディタオルは水に濡らし、肌をこするただけで垢を集中的に取り除くことができます(石鹸を泡立てて使う必要はありません)。

アカスリエステのお店で使われるのはこのタイプです。

手を入れて肌をこすりやすいように袋やミトンのような形状をしているものがあり、コリアンタオルもしくはイタリアンタオルと呼ばれています。

独特の風合いがあり、一部の人に根強い人気があります。

 

3.ナイロン

固すぎず、柔らかすぎず、私たち日本人が思い描く「垢すり」そのものです。

適度に垢や油分を洗い流すことができます。手入れが楽なのも魅力です。ナイロンは編み方によって様々な硬さや質感を出すことができます。また、他の材料と合わせる材料によって様々な風合いが出てきます。

 

4.絹

最高級素材です。優しく垢や油を洗い流します。

絹は、人間の皮膚構造に近いタンパク質を主成分としており、繊維断面構造も三角形状になっているため、たいへんお肌に馴染みやすいです。また、長期間使用することにより、シルクプロテイン中に含まれるアミノ酸の働きで、肌に無理なく角質化した皮膚や余分な脂分を取り、老化を抑え肌の新陳代謝を高めます。みずみずしい美しい肌のために欠かせないアミノ酸が、しっとりしたお肌を保つのに不可欠です。

美容に関心がある女性にお勧めです。

 

5.コットン(綿)

優しい洗い心地で、泡を含ませるとフワフワの感覚が楽しめます。昔から愛されてきたボディタオルの素材の一つです。他の素材と比べて優しい洗い上がりです。100%コットンでは人によっては物足りないと感じる人もいるかもしれません。

ボディタオル他の素材と同時に編み込んで少し硬さを出して、「垢すり」らしさがある商品が人気です。

 

6.変わり種

上記以外の素材でも繊維であればボディタオルの素材になりえます。糸瓜(ヘチマ)、トウモロコシ繊維を使ったボディタオルもあります。